私の名を恐れるあなたがたには、義の太陽が上り、その翼には、癒しがある。あなたがたは外に出て、牛舎の子牛のように跳ね回る。マラキ4章2節

信仰の教育と成長の流れ

信仰の教育と成長の流れ

信徒にあって一つのからだとなる教会は、一人ひとりが神の御言葉である聖書の学びを通して、一つの心とビジョンを共有し共同体的人生と信仰の成熟がなされることを願っています。そして教会員一人ひとりがクリスチャンリーダーとして、各自の才能、能力、個性に応じた多種多様なミニストリーに参加することを希望しています。そのため教会は聖書の御言葉で信徒を導きながら、まず救い主であるイエス・キリストと神の国についての理解を深めます。そして聖書的ビジョンと価値観を共有する共同体的な人生の模型を成し、実現される神の国の働き手として仕えるリーダーへと彼らが成熟していくことをサポートしていきます。

1.初心~入門段階へ

最初は、キリスト教教理に関する基本的な聖書の学びによって、バランスある信仰を学んでいきます。初心および入門の過程の内に、継続的な聖書の学び、主日礼拝の参加を希望する方は、あいのひかり教会の信徒になる登録することができます。そして教会内の小グループ、セルグループ、部署の集まりに参加する場合は、信徒同士の交流の中で御言葉を実践的に学ぶことができます。

基本の学び

  1. 神様は創造主です。
  2. 私たちは罪人です。
  3. イエスキリストは私たちの唯一な救い主です。
  4. 東京あいのひかり教会のビジョンと牧会哲学

2.入門~必須・発展段階へ

イエス・キリストの尊い犠牲で救われた私たちは、神様の大きな恵みを受けた者と言えます。
エペソ人への手紙2:8あなたがたは,惠みのゆえに信仰によって救われたのです。それは自分自身から出たことではなく、神からの賜物です。
イエス・キリストによる救いに感動を覚える人々が、キリストのご人格と聖品を倣い、福音を現わす人生を願う事は自然なことだと言えます。入門を終え、必須、発展へと向かう過程は、イエスキリストにつき従う道(弟子の道)を希望し、イエス・キリストの御心と奉仕を継承する弟子の人生に向かって行く期間となります。

基本の学び

  1. キリスト教の基教理を理解する。
  2. 救いの確信を正しく立てる。
  3. 聖なる聖徒の人生を実践します。
  4. 弟子の道を歩んで行きます。
PAGETOP
Copyright © Heiwa Christ Church 平和キリスト教会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.